市場ニュース

戻る
2015年12月09日23時35分

【為替】NY為替:ドル・円200DMA視野に、ストップを巻き込み


 NY外為市場でドル・円は122円台前半、121円90銭のストップを巻き込み122円49銭から121円83銭まで下落し、11月6日来の安値を更新した。原油安、中国経済の鈍化を受けて世界経済への警戒感が高まり、リスク回避の円買いが強まった。重要な節目となる200日移動平均(DMA)水準である121円59銭が強い下値支持水準となる。ただ、この水準を下回ると売りがさらに加速することになる。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均