市場ニュース

戻る
2015年12月08日15時43分

【為替】東京為替:ドル売り一巡、アジア株安のなか押し目買い


日経平均株価が前場にマイナス圏に転落したほか、上海総合指数が軟調地合いとなったことから、ドル・円は下落したが、午後は下げ渋る展開。朝方発表された国内総生産(GDP)改定値が予想を上振れしたことで、日銀による追加金融緩和への期待が後退し、ドル売り・円買いとなったものの、この動きは一巡。下値では押し目買いが観測される。


なお、ドル・円は123円06銭から123円40銭、ユーロ・ドルは1.0830ドルから1.0861ドル、ユーロ・円は、133円52銭から133円75銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均