市場ニュース

戻る
2015年12月08日13時43分

【材料】東京エレクトロンが小反落、国内大手はSPEセクター内では平均的なポジションとの見解

東エレク 【日足】
多機能チャートへ
東エレク 【日中足】

 東京エレクトロン<8035>が小反落。朝方は高かったもののマイナス転換している。

 きょうは、SMBC日興証券がリポートをリリースしたことが確認されている。同証券は、同社は16年3月期上期決算時に、第1四半期決算時の下方修正から一転して通期計画を上方修正したが、上期営業利益率が18%に達している点は評価できると解説している。投資評価「2」(中立)を継続しその理由について、足元のSPE受注は直近ピークからは減少しているものの、同社はファンダメンタルズ面でSPEセクター内では平均的なポジションにあるとの見解を示している。時価より低いものの、目標株価は6300円から7500円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均