市場ニュース

戻る
2015年12月08日13時32分

【市況】13時30分時点の日経平均は190円安、トヨタ、任天堂、JTなど下げ幅拡大


13時30分時点の日経平均は前日比190.72円安の19507.43円。前引け値水準で後場スタートした後は、19500円台前半での値動きが続いている。日経平均が安値圏での推移となっているなか、マザーズ指数は下げ幅をやや縮める動き。

売買代金上位銘柄は売り優勢。トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、JT<2914>などが下げ幅を広げている。一方値上がりでは、FFRI<3692>、SOSEI<4565>、鎌倉新書<6184>などのマザーズ銘柄がランクイン。そのほか、JAL<9201>、カシオ<6952>がプラス圏での推移となっている。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均