市場ニュース

戻る
2015年12月08日13時14分

【為替】東京為替:ドル弱含み、原油安受けリスク回避の円買い


原油価格の指標となるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が今日、37.50ドルまで下落。年初来安値を下抜け、2009年3月以来、6年半超ぶりの安値まで下げたことから、リスク回避の円買いが強まっている。原油にはポジション調整以外に買い材料が乏しく、引き続き下落が予想されているため、ドルには先安観がある。


なお、ドル・円は123円06銭から123円40銭、ユーロ・ドルは1.0830ドルから1.0859ドル、ユーロ・円は、133円52銭から133円75銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均