市場ニュース

戻る
2015年12月08日12時24分

【材料】日立金属が反落、米系大手証券は短期では材料難、中長期では割安感が強いと指摘

日立金 【日足】
多機能チャートへ
日立金 【日中足】

 日立金属<5486>が反落。マイナススタートで始まり、その後も売り優勢の展開。下げ幅を拡大しており、現在は本日の安値圏で推移している。

 モルガン・スタンレーMUFG証券では、今下期の事業環境でみれば、改善すべき課題への取り組みに足踏み感あるため、短期では材料難、中長期では割安感が強いと指摘。次年度入り後の新中期経営計画発表が次の注目点とみて、成長戦略の再確認、課題への取り組み再強化、財務体質改善が進む中で株主還元強化や一段の資本効率向上にどう取り組むかなどを明らかにできるかがポイントになると解説。

 レーティング「オーバーウエイト」を継続、目標株価を2500円から2150円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均