市場ニュース

戻る
2015年12月08日00時30分

【市況】【市場反応】米11月労働市場情勢指数、ドル伸び悩む


外為市場では予想を下回った米国の雇用関連指標を受けて、ドルが伸び悩んだ。ドル・円は123円47銭の高値から123円35銭へじり安推移、ユーロ・ドルは1.0796ドルの安値から1.0829ドルへ強含んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した11月労働市場情勢指数は0.5と、引き続き市場の拡大を示したものの、ペースは市場予想の1.5を下回り、マイナスとなった4月以来で最低にとどまった。

【経済指標】
・米・11月労働市場情勢指数:0.5(予想:1.5、10月:2.2←1.6)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均