市場ニュース

戻る
2015年12月07日18時47分

【テク】日経平均テクニカル:大幅反発、2万円処が上値抵抗、日柄調整が必要か


7日の日経平均は大幅に反発。ギャップ・アップでスタートし、25日線を上回ったが、5日線に上値を抑えられる格好となった。一目均衡表では転換線を突破する局面もみられたが、大引けではクリアできず。遅行スパンは上方転換シグナルが継続している。また、週間形状では雲を上回っての推移が続いているが、遅行スパンは5月以降の実線(20000-20800円処)が上値抵抗となり、下方シグナルを継続させている。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジに移行。MACDは陰転シグナルを継続しているが、シグナルとの乖離が拡大してきており、足元の調整が長引く可能性がある。20000円処の抵抗を捉えるか、若しくは通過を見極める日柄調整が必要。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均