市場ニュース

戻る
2015年12月07日14時45分

【市況】国内有力証券、日経平均の戻りメドは転換線や4日に空けた窓1万9862円、1日高値2万12円

 証券ジャパンでは、今週の東京市場はやや神経質な展開を想定。国内の主要経済指標の発表で政策期待が高まれば下値はある程度限定的とみているものの、上値には戻り待ちの売りも多く、一段の上昇には新規材料に加えて売買代金の増加が必須と解説。
 日経平均のテクニカルでは、当面の戻りメドとは、日足一目均衡表の転換線や4日に空けた窓1万9862円、1日高値2万12円とみて、200日線を再び下回ると、日足一目均衡表の基準線や週足一目均衡表の抵抗帯上限が下値メドとして意識されると分析している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均