市場ニュース

戻る
2015年12月07日09時11分

【経済】輸出頼りはもはや時代遅れ、「新興中国」に注目=GSなど


ゴールドマン・サックス証券(GS)など海外機関投資家はこのほど、中国の成長モデルの転換が進んでいる段階だと指摘。輸出や投資拡大、不動産開発などこれまでの成長モデルがもはや時代遅れだと強調し、成長率の鈍化が必然的な流れだとの見方を示した。

だた、GSは、今後の投資について、「新興中国」にポジティブな見方を示した。ここでは、衛星通信や光ファイバー、電子商取引、教育、健康医療サービスなど30分野が新興中国の対象となる。国内総生産(GDP)に占めるこれら分野の割合が徐々に拡大するほか、今後は高い成長率を維持すると予測した。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均