市場ニュース

戻る
2015年12月04日20時02分

【市況】4日の日本国債市場概況:債券先物は148円35銭まで下落、長期債の売りが入る


<円債市場>

長期国債先物2015年12月限
寄付148円40銭 高値148円47銭 安値148円35銭 引け148円42銭
売買高総計43427枚

2年 359回 -0.020%
5年 125回 0.045%
10年341回 0.335%
20年154回 1.080%

債券先物は148円40銭で取引を開始し、午後の取引で一時148円35銭
まで売られた。株安となったが、10年以降の年限に売りが入った
ことで債券先物の上値は重くなった。現物債の取引では10年以降の
年限の気配が相対的に弱含みとなった。

<米国債概況>
2年債は0.95%、10年債は2.30%、30年債は3.05%近辺で推移。
長期債利回りは若干低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.67%、英国債は1.90%、オーストラリア10年債は
2.95%、NZ10年債は3.57%で推移。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]
・22:30 米・11月非農業部門雇用者数(予想:+20.0万人、10月:+27.1万人)
・22:30 米・11月失業率(予想:5.0%、10月:5.0%)
・22:30 米・10月貿易収支(予想:-405億ドル、9月:-408.1億ドル)
・22:30 カナダ・11月失業率(予想:7.0%、10月:7.0%)
・22:30 カナダ・10月貿易収支(予想:-17億加ドル、9月:-17.3億加ドル)
・00:15 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁あいさつ
・01:45 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁講演(NYエコノミッククラブ)
・05:45 ブラード米セントルイス連銀総裁講演
・06:00 コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演
・OPEC定例総会(ウィーン)

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均