市場ニュース

戻る
2015年12月04日15時01分

【市況】日経平均4日大引け=反落、435円安の1万9504円

 4日の日経平均株価は前日比435.42円(-2.18%)安の1万9504.48円と反落し取引を終了した。東証1部の値上がり銘柄数は160、値下がりは1693、変わらずは65と、値下がり銘柄の割合は80%を超えた。

 日経平均構成銘柄の値上がりは4銘柄にとどまり、216銘柄が下落。マイナス寄与度トップはファストリ <9983>で、日経平均を58.45円押し下げ。以下、ソフトバンク <9984>が23.07円、KDDI <9433>が21.65円、ファナック <6954>が18.04円、京セラ <6971>が12.55円と並んだ。

 プラス寄与トップは日東電 <6988>で、日経平均を0.78円押し上げ。富士通 <6702>が0.58円、日水 <1332>が0.43円、トレンド <4704>が0.39円で続いた。

 業種別では33業種すべてが値下がり。下落率1位は海運で、以下、不動産、金属製品、その他製品、その他金融、医薬品が並んだ。

株探ニュース

日経平均