市場ニュース

戻る
2015年12月04日09時58分

【為替】東京為替:ドル・円は122円66銭近辺で下げ渋り、株安は材料視されず


ドル・円は122円66銭近辺で推移。日経平均株価は340円安で推移しているが、市場関係者の間では株安は想定の範囲内との見方が依然として多い。株安を意識したリスク回避の円買いは増えていないもよう。仲値時点のドル需要は通常並との見方が多い。ここまでのドル・円は122円49銭から122円77銭で推移。

ユーロ・ドルは伸び悩み、1.0914ドルから1.0956ドルで推移。

ユーロ・円は上げ渋り、133円83銭から134円24銭で推移。

■今後のポイント
・東京株下落は想定の範囲内でドルは下げ渋る可能性
・日本時間夜に発表される11月米雇用統計の発表を待つ状況

・NY原油先物(時間外取引):高値41.45ドル 安値41.25ドル 直近値41.28ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均