市場ニュース

戻る
2015年12月04日09時06分

【材料】コナミが強さ発揮、全般波乱相場もリキャップCBで資本効率向上を評価

コナミHD 【日足】
多機能チャートへ
コナミHD 【日中足】

 コナミホールディングス<9766>が底堅い。全体相場が波乱含みに下げるなか小幅プラス圏で推移するなど強さをみせている。同社は3日、新株予約権付社債(CB)で100億円を調達することを発表した。これはCB発行と自社株買いをセットにしたリキャップCBと呼ばれるもので、調達した資金はそのまま100億円を上限とした自社株買いに使う。自社株買いの株数は上限400万株で発行株数の2.89%に相当、12月4日~3月31日までを取得期間とする。これによる株主還元の強化とROE上昇(資本効率の向上)を評価する買いを呼び込んでいる。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均