市場ニュース

戻る
2015年12月04日07時27分

【市況】3日のNY市場は下落


NYDOW  : 17477.67 (-252.01)
NASDAQ  : 5037.53 (-85.70)
CME225  : 19545 (-395(大証比))

[NY市場データ]

 3日のNY市場は下落。ダウ平均は252.01ドル安の17477.67、ナスダックは85.70ポイント安の5037.53で取引を終了した。週間新規失業保険申請件数が予想に一致したことで買いが先行したものの、欧州中央銀行(ECB)が発表した金融緩和策が期待外れだったとの見方から、欧州株が全面安となった流れを受け、下落に転じた。イエレンFRB議長の議会証言を受け、利上げへの警戒感も強まり、終日軟調推移となった。ダウは一時300ドルを越す下落となった。セクター別では全面安となり、特に耐久消費財・アパレルや医薬品・バイオテクノロジーの下落が目立った。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比395円安の19545円。ADRの日本株は、富士通<6702>が堅調のほかは、ルネサス<6723>、三住トラスト<8309>、三井住友<8316>、野村<8604>など、対東証比較(1ドル122.58円換算)で全般軟調。
《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均