市場ニュース

戻る
2015年12月03日20時03分

【為替】欧州為替:ドル小動き、ECB理事会控え様子見


欧州株の全面高や米ダウ先物(時間外)の堅調でリスク選好の流れだが、ドル・円は反応薄。欧州市場では一時123円56銭まで上昇したが、その後は買いが続かず、足元は123円40銭台で推移している。欧州中銀(ECB)理事会終了まで様子見ムードが続きそうだ。


欧州市場では、ドル・円は123円38銭から123円56銭、ユーロ・ドルは1.0552ドルから1.0587ドル、ユーロ・円は130円33銭から130円66銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均