市場ニュース

戻る
2015年12月03日18時42分

【為替】欧州為替:ユーロ一段安、PMI低調でECB緩和に期待


ユーロ・ドルは、前日のイエレン米FRB議長講演での利上げ前向き発言から売りが続いている。足元では1.0553ドルまで下落。18時に発表された購買担当者景気指数が予想を下振れたことから、今晩の欧州中銀による追加緩和に期待が広がり、ユーロは一段安となった。

・ユーロ圏・11月サービス業PMI改定値:54.2(予想:54.6、速報値:54.6)
・ユーロ圏・11月総合PMI改定値:54.2(予想:54.4、速報値:54.4)


欧州市場では、ドル・円は123円38銭から123円56銭、ユーロ・ドルは1.0553ドルから1.0587ドル、ユーロ・円は130円33銭から130円66銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均