市場ニュース

戻る
2015年12月03日16時51分

【市況】マザーズ指数は4日続伸、一時900pt回復で利益確定の動きも/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場では、マザーズ指数が一時節目の900ptを回復した。ただ、中小型株への資金シフトが続く一方、直近の上昇を受けた利益確定の動きも強まり、マザーズ指数は900ptをやや下回る水準でのもみ合いが続いた。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1073.93億円。騰落数は、値上がり75銘柄、値下がり132銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、SOSEI<4565>、ネオジャパン<3921>、ミクシィ<2121>、UBIC<2158>、FFRI<3692>などが堅調。また、APLIX<3727>が3日連続のストップ高となったほか、ベステラ<1433>、シリコンスタジ<3907>、DLE<3686>が10%超の上昇となった。一方、サイバダイン<7779>、UNITED<2497>、AppBank<6177>、OTS<4564>、ロゼッタ<6182>などが軟調。また、オンコリスバイ<4588>、ブランジスタ<6176>、シュッピン<3179>がマザーズ下落率上位となった。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したインベスターズクラウ<1435>は公開価格を93%上回る初値を付けた。ただ、初値形成後は利益確定売りに押される展開となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均