市場ニュース

戻る
2015年12月03日15時36分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):東京綱、KLab、スクエニHD、ハウス食G

■東京製綱 <5981>  227円  +15 円 (+7.1%)  本日終値  東証1部 上昇率4位
 東京製綱<5981>が急伸。ここ低位株人気に乗り、商い急増傾向のなかで上値を買い進む動きが鮮明だ。エレベーターロープが収益に寄与するほか、タイヤの製造に使う繊維糸であるタイヤコードも堅調。また、インドネシア向けなど中心に、スチールよりも軽量・高強度なCFCC(炭素繊維複合材ケーブル)の販売が拡大、16年3月期は営業利益段階で前期比6.4%増益を見込む。新中期経営計画ではCFCCの世界展開を加速させる方針にあり、20年3月期には同商品の売り上げ規模を34億円前後まで拡大させる見通し。PER12倍前後は依然割安感がある。また、有利子負債を減少させる一方、自己資本比率は拡大傾向にあり財務面の改善も評価される。

■KLab <3656>  1,167円  +61 円 (+5.5%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 2日、KLab <3656> がスマートフォン向けパズルRPG「パズルワンダーランド」の事前登録者数が10万人を突破したと発表したことが買い材料。同タイトルは、「回す」「繋ぐ」「チェイン」という新しい要素が入ったパズルシステムを、最大4人で同時に遊ぶことができる新感覚パズルRPG。今後、iOS版とAndroid版を年内に配信する予定としている。発表を受けて、配信開始に向けて事前登録者数が順調に伸びており、同タイトルの人気化を期待する買いが向かった。

■USEN <4842>  382円  +19 円 (+5.2%)  本日終値
 USEN<4842>が後場に入って一段高。同社はきょう、ソニーモバイルコミュニケーションズ(東京都港区)のXperiaスマートフォン専用無料アプリ「スポットリスト」に、同社が運営するグルメ情報サイト「ヒトサラ」が掲載店舗の情報提供を開始したと発表。提供先のさらなる拡大などが期待されているようだ。スポットリストは、Xperiaの電話帳に登録されているレストランや各種施設などの連絡先に、写真や住所、WebサイトのURLなどの詳細情報が自動で追加される情報集約アプリ。今回の連携で「ヒトサラ」に掲載されている店舗情報が追加される。

■エスペック <6859>  1,521円  +67 円 (+4.6%)  本日終値
 エスペック<6859>が続伸。岩井コスモ証券が2日付で投資判断「A」を継続しつつ、目標株価を1500円から1700円へ引き上げたことが好材料視されている。上期業績は期初計画を上回り、前年同期比2ケタの増収増益を達成したが、足もとも自動車関連を中心に受注が好調に推移し、16年3月期通期も会社計画の営業利益28億円を上回る31億円(前期比17.3%増)と2ケタ増益を予想。また、18年3月期に売上高400億円以上(16年3月期予想350億円)、営業利益40億円以上、配当性向40%を目指す中期経営計画も評価している。

■スクエニHD <9684>  3,050円  +129 円 (+4.4%)  本日終値
 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が3日続伸。同社は3日、人気ロールプレイングゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ」シリーズの最新作となる、「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」をニンテンドー3DS対応で16年3月24日に発売することを発表した。「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」は、おなじみのモンスターたちをはじめ、新モンスターも追加され“ジョーカー”シリーズでは最多となる500体以上のモンスターが登場する。12月19日と20日に千葉・幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2016」では、初の試遊台出展が決定しており、期待が高まりそうだ。

■ハウス食品グループ本社 <2810>  2,275円  +95 円 (+4.4%)  本日終値
 2日、ハウス食G <2810> が16年3月期の連結最終利益を従来予想の80億円→224億円に2.8倍上方修正。増益率が14.8%増→3.2倍に拡大し、21期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料。壱番屋 <7630> へのTOBが成立したことに伴い、壱番屋の業績を上積みするほか、段階取得に係る差益などが発生することが収益を押し上げる。保有する投資有価証券の売却による売却益31億円を計上することも上振れに貢献する。

■ユーシン精機 <6482>  2,426円  +92 円 (+3.9%)  本日終値
 ユーシン精機<6482>が25日線を足場に反発。11月中旬から下旬にかけての調整局面を経て再度上値指向にある。樹脂成型品向け取り出しロボットメーカーとして業界大手に位置し、新興国での省力化投資需要の囲い込みが進捗している。15年7~9月の法人企業統計で全産業の設備投資額が前年同期比11.2%増と予想を大きく上回る伸びを示しており、設備投資関連の一角に見直し買いを誘導している。同社もその流れに乗ったかたちだ。16年3月期は医療向け特注機の出荷好調で、営業利益を28億円から30億円予想に上方修正しているが、「増額幅は保守的」(国内証券)との見方が広がっている。

■東鉄工業 <1835>  2,969円  +105 円 (+3.7%)  本日終値
 東鉄工業<1835>が8日続伸、上場来高値を更新した。JR東日本<9020>が2日に、東京駅北通路周辺整備について、今回新たに中央通路と北自由通路間において、地下1階の新設および1階の改良工事に着手すると発表し、軌道や駅舎等、JR東日本関連が事業の大半を占める東鉄工業に買いが入っているようだ。今回の整備によりバリアフリールートの増設、待合広場の開設をはじめとした駅サービス機能の強化、新たな店舗展開等の整備を進める方針。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の完成を目指す。

■リンナイ <5947>  11,370円  +380 円 (+3.5%)  本日終値
 2日、リンナイ <5947> が東ガス <9531> 、LIXILグ <5938> と共同出資するガスターの経営権を、東ガスから同社に移管することに向けた協議を開始したと発表したことが買い材料。東ガスがガス機器の製造から撤退し、販売に重点を置いて強化することを受け、16年4月をメドに出資比率を同社が90%、東ガス10%とすることを目指す。なお、経営権移管後もLIXILとの取引は継続する方針。発表を受けて、ガスター子会社化による業績への寄与に期待する買いが向かった。

■日新電機 <6641>  986円  +27 円 (+2.8%)  本日終値
 日新電機<6641>が年初来高値を更新。いちよし経済研究所では、中国メーカー向けを中心にビーム・真空応用事業の受注好調が持続していると指摘。16年3月期末の受注残高は前期末比200億円増加、17年3期に収益貢献するとみて、中期的にはイオン注入装置の需要拡大が期待される情勢にあると解説。16年3月期営業利益予想を110億円から115億円(会社計画は110億円)に引き上げて、レーティング「A」を継続、フェアバリューを1000円から1300円に引き上げている。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均