市場ニュース

戻る
2015年12月03日10時38分

【材料】ニコンが4日ぶりに反発、SMBC日興証が「中立」に格上げ

ニコン 【日足】
多機能チャートへ
ニコン 【日中足】

 SMBC日興証券が2日付でニコン <7731> の投資判断を「3(弱気)→2(中立)」に引き上げ、目標株価を1060円→1570円に増額したことが買い材料視された。

 リポートでは格上げの理由として、16年以降のFPD(フラットパネルディスプレイ)に関する設備投資を慎重に見積もってきたが、中小型FPDパネルの投資意欲が根強いほか、中国政府の支援により同国の大型FPD投資が想定以上に活発なことを挙げている。

 同証券では、16年3月期の営業利益を350億円→390億円(会社計画は340億円)に上方修正。さらに、FDP露光装置の販売上積みを踏まえ、17年3月期を310億円→490億円、18年3月期を360億円→540億円にそれぞれ引き上げた。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均