市場ニュース

戻る
2015年12月03日09時22分

【市況】日経平均は43円安でスタート、ファーストリテは売り先行で日経平均の重石に/寄り付き概況


日経平均 : 19894.63 (-43.50)
TOPIX  : 1600.36 (-1.90)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落で始まった。2日の米国市場では原油相場の下げが嫌気され、NYダウは150ドル超の下落となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比80円安の19870円となり、この流れを受けて売りが先行した。指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>が、既存店売上高の減少が嫌気されて売りが先行しており、日経平均への重石になっている。

 売買代金上位では、日本郵政<6178>、ファナック<6954>、そーせい<4565>、ソフトバンクグ<9984>、村田製<6981>、NTT<9432>などが堅調。半面、ファーストリテのほか、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、パイオニア<6773>、三井住友<8316>、マツダ<7261>などが冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均