市場ニュース

戻る
2015年12月03日08時25分

【経済】中国人の海外旅行:増加ペースが鈍る、「爆買い」に影響も


統計によると、中国人旅行客は海外での消費額は今年9月の250億米ドルから10月の190億米ドルまで低下したという。これは前年10月の160億米ドルを上回ったものの、同年同月比の増加率は昨年10月の約60%以上から約20%まで落ち込んだ。

UBSインベストメント・バンクが発表した10月時点の調査では、中間層以上の中国人が来年は海外に旅行する計画が平均で2.1回となり、昨年春の調査2.6回を下回った。UBSは、今年の海外旅行増加率は15%になると予測。これは過去平均の18%を下回る。

海外メディアは、中国人の海外旅行の増加傾向が継続すると予測。ただ、これまで50-60%というハイペースでの増加が見込まれないとの見方を示した。また、消費行動にも変化が生じており、今までのような大量に買い込むという「爆買い」行動が徐々に縮小していくと予測している。

《ZN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均