市場ニュース

戻る
2015年12月02日15時22分

【市況】国内大手証券、TOPIXが11月30日安値を割り込んだら弱気シグナル発生とのリポート

 12月1日、日経平均株価が約3か月ぶりに2万円を回復した。きょうは日経平均がマイナスとなったものの、TOPIXがプラスを維持した。これは先物取引でTOPIX買いが何らかの事情で先行しているとみられているようだ。
 銀行系大手証券の三菱モルガン・スタンレー証券はテクニカル分析のリポートで、「TOPIXが11月19日高値1609.76ポイントを抜けられず、11月30日安値1578.91ポイントを下回るようだと弱気トリガー」と解説している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均