市場ニュース

戻る
2015年12月02日14時22分

【為替】東京為替:ドル123円を維持、重要イベント控え様子見


日経平均株価の弱含みが続き、節目の20000円を再び割り込むなか、ドル・円はもみあいとなっている。足元では123円を維持しているが、3日の石油輸出国機構(OPEC)総会や欧州中央銀行理事会など重要イベントを控え、動きづらい展開が続きそうだ。


ドル・円は122円83銭から123円07銭、ユーロ・ドルは1.0616ドルから1.0636ドル、ユーロ・円は130円52銭から130円69銭のレンジ内で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均