市場ニュース

戻る
2015年12月02日12時56分

【材料】沢井製薬、米系大手証券は今後6~8カ月は株価が楽観論に支配されると解説

沢井製薬 【日足】
多機能チャートへ
沢井製薬 【日中足】

 沢井製薬<4555>が急伸。買い気配で始まり9時6分に寄り付くと、その後も上げ幅を拡大。現在は本日の高値圏で推移している。
 モルガン・スタンレーMUFG証券では、2016年夏前までは、数量拡大効果のプラスの側面を市場がポジティブ評価する時期と指摘。中長期では、後発品は価格圧力と利益率悪化で厳しい見通しになると考えるものの、今後6~8カ月は株価が楽観論に支配されるとみて、レーティングを「アンダーウエイト」から「オーバーウエイト」に、目標株価を6400円から9400円に引き上げた。
 また、ゴールドマン・サックス証券はレーティング「買い」を継続、目標株価を8450円から8750円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均