市場ニュース

戻る
2015年12月02日12時41分

【材料】TDK、欧州大手証券は受動部品とポリマー電池の増益をHDDヘッドの減益が一部相殺との見方

TDK 【日足】
多機能チャートへ
TDK 【日中足】

 TDK<6762>が反落。マイナススタートで始まり、その後は売り優勢の展開。5日移動平均線近辺では押し目買い意欲も高く、下げ幅を縮小している。
 UBS証券では、スマホやタブレット、PCの台数増は見込めないものの、薄型化に伴ってリチウムポリマー電池の需要が拡大、顧客層が拡大中と推察。
 HDDヘッドは、HDD市場の縮小やデータセンター向けでの顧客シェアの変化に伴い逆風が吹いているとの見方で、当面は受動部品とポリマー電池の増益をHDDヘッドの減益が一部相殺する構図を想定。
 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を8100円から8900円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均