市場ニュース

戻る
2015年12月02日12時34分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・金子議員:景気対策は必要だ。しかし、それだったらまず子育て中の30-40歳台の世帯


民主党の金子議員は「政府が低年金者1250万人にたいして3万円の給付を検討するという。景気対策は必要だ。しかし、それだったらまず子育て中の30-40歳台の世帯に給付すべきではないか?子育て世帯はいくらお金があっても足りない。お金をまわす意味でも効果的だ。そうしないのは参議院選挙対策だからなのか?」とツイート(12/2)。


金子議員が指摘しているように、この話は選挙対策との見方が一般的のようだ。ただし、財源を明らかにする必要がある。消費税率を数年毎に2-3%ずつ引き上げることで景気対策の財源に充てるとの見方があるが、消費税率は2040年頃までに25-30%まで引き上げることも検討されているとの声が聞かれている。

それが無理であれば、インフレによる債務の実質的な削減の可能性が浮上する。歳出削減については、景気悪化を招いて税収不足につながるとの見方が広がっているが、削減分野を限定すれば十分可能。民主党は失敗したが、実現可能なプランであるとの見方は残されている。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均