市場ニュース

戻る
2015年12月02日08時23分

【市況】いったんは一服感も/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 1日のNY市場は上昇。欧州中央銀行(ECB)による追加の金融緩和への観測から、米市場へも資金が流入した格好。11月ISM製造業景況指数は予想を下振れたものの、12月の利上げに影響を与える内容ではないとの見方が優勢。ダウ平均は168.43ドル高の17888.35、ナスダックは47.64ポイント高の5156.31。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円安の19990円。

 昨日はインデックス買いの影響から約3ヵ月半ぶりに節目の2万円を回復した。節目の2万円回復、8月の下落局面で空けたマド(20033-19737円)をほぼ埋めてきており、いったんは一服感も。ボリンジャーバンドでは+1σを回復しており、+2σとのレンジに移行している。+1σが19882円、5日線が19887円、転換線は19828円辺りに位置しており、これらが支持線として意識されやすいだろう。19900-20050円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 20050円-下限 19900円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均