市場ニュース

戻る
2015年12月01日16時21分

【特集】高木証券 Research Memo(10):顧客基盤と預かり資産の拡大により、安定した収益力の確立を目指す


■中期経営計画

高木証券<8625>は、証券業界を取り巻く厳しい経営環境が続くなかで、着実な業績の向上を図るため、顧客基盤と預かり資産の拡大を図り、相場環境に左右されない安定した収益力の確立を目指している。

そのための重点戦略として、以下の3つの施策を掲げる。

(1)投資信託を第一の戦略商品として、iPadを使用して提案する「ファンド・ラボ」シリーズ(ファンド分析ツール)の活用で、投資信託の残高拡大につなげる。

(2)株式を第二の戦略商品として、NISA対応、外国株式の強化、タイムリーな情報提供、引受部門の強化を行い、株式営業を強化する。

(3)相続対策、不動産売買紹介など外部の専門家との業務提携を拡大し、顧客にとって最良の全体資産設計を提案することで、「家計資産のベストパートナー」を目指す。

(1)については、顧客目線による他に類を見ない「ファンド・ラボ」シリーズ(ファンド分析ツール)や業界初となる「投信の窓口」を売りとして、顧客との信頼関係を築き、結果的に預かり資産の拡大につなげることにより、中長期的には預かり資産1兆円の実現と安定収益源である信託報酬の拡大を目指している。前期(2015年3月期)は、投資信託の品揃えの充実を図るとともに、全面的な店舗改装により各店舗に「投信の窓口」やセミナー会場の設置を行った。今期に入ってからも、前述のとおり、投資信託専門店である「投信の窓口」を東京・日本橋と三軒茶屋に同時オープンした。積極的な広告宣伝活動やセミナーの開催等により認知度を高めて集客を図っていく方針であり、いよいよ本格的な稼働に向けて体制が整ってきたと言える。また、「ファンド・ラボ」シリーズの活用については、他社との連携も検討している模様である。

(2)については、特にアジア株を中心とした外国株式の強化が注目される。経済成長の著しいアジア株は魅力が大きいものの、手続きが煩雑な割にはニッチ市場であることからインターネット証券以外で取扱う証券会社は少ない。独自のネットワークを活かした個別株式レポートの提供など、対面営業の強みが生かせる分野であり、若い世代を含めた新たな顧客層の取り込みが期待できる。

(3)については、2015年1月1日より施行された相続税増税(基礎控除の引き下げ等)をにらみ、その対策を提案する「310万円プロジェクト」を進めてきた。会計事務所との連携により、次世代に円滑に資産を引き継ぐための様々なシミュレーションが可能となっている。これまでの相続発生前の対策に加えて、相続発生後の相談(手続きを含め)についてもサポートデスクを設置したことから問い合わせ件数が大きく増加しており、潜在的な関心の高さは大きいとみられる。比較的高齢者を顧客に持つ同社は、次世代への円滑な資産承継を支援することで相続人との取引へとつなげる効果(資産流出の抑制を含め)を狙っている。さらには、同社のホームページや口コミ等により既存顧客以外からの問い合わせも増えていることから、新規顧客の獲得にもつながる可能性がある。なお、サポートデスクを設置した4月以降、月当たり40~50件の相続案件が持ち込まれているようであるが、実際に歩留り(資産流出の抑制)に効果を発揮していることに加え、関連する手数料収入に結び付くケースも増えている模様である。

弊社では、業界トップの投資信託の品揃えや独自のファンド分析ツール、「投信の窓口」の3点セットが揃ったことで、同社が注力する投資信託のコンサルティング営業は大きく飛躍するものとみている。加えて、株式営業や相続対策、不動産売買紹介などを含めた「家計資産のベストパートナー」としての方向性との相乗効果も期待できるだろう。ただ、本格的な業績貢献には、認知を高め、集客を図り、取引(収益化)につなげていくためのプロセスが必要であり、評判や信頼を含めて着実に実績を積み上げていくことが肝要となるだろう。また、広告よりも効果が高いと言われる口コミによるマーケティングをうまく活用することも成功のカギを握ると考えられる。今後のブランディングにおける仕掛けや収益化に向けた道筋にも注目していきたい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均