市場ニュース

戻る
2015年12月01日13時55分

【材料】ネオジャパンが急落、初値急伸による反動大

ネオジャパン 【日足】
多機能チャートへ
ネオジャパン 【日中足】

 ネオジャパン<3921>が急落。前週末11月27日に東証マザーズ市場に新規上場し、上場初日はカイ気配のまま取引を終えたのに続き、2日目は公開価格(2900円)の5.0倍に当たる1万4550円で初値をつけ、1万6220円で取引を終えたが、この急伸の反動からこの日は利益確定売りに押される展開となっている。
 同社はグループウエア「desknet’s NEO」と関連製品・サービスの開発・販売が主な事業。今16年1月期は営業利益で3億3200万円(前期比32.5%増)を見込むが、一株利益223円72銭の見込みに対して、初値のPERは65倍に達していただけに、割高感を指摘する見方も強いようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均