市場ニュース

戻る
2015年12月01日10時03分

【市況】10時時点の日経平均は前日比164円高、ファナック、三菱電など設備投資関連強い


10時時点の日経平均は前日比164.09円高の19941.56円で推移している。寄り前に発表された法人企業統計で設備投資が前年同期比11.2%と予想(同2.2%)を大幅に上回る内容となったことで、現物市場ではファナック<6954>、三菱電<6503>など設備投資関連銘柄の一角が買われている。足元日経平均よりもTOPIXのほうが弱かったが、本日はNT倍率が縮小するなどTOPIXがやや優勢に。

規模別株価指数では相対的に大型株が強い。業種別では、電気・ガス、証券、卸売、機械、鉄鋼、電気機器が強い一方、水産・農林、金属製品の2セクターのみマイナス。売買代金上位銘柄では、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、日立<6501>、ソニー<6758>、東エレク<8035>が買われている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均