市場ニュース

戻る
2015年11月30日18時25分

【テク】日経平均テクニカル:続落、5日線に上値を抑えられる格好に


30日の日経平均は続落。5日線を割り込んで始まり、その後は同線に上値を抑えられる格好となった。ボリンジャーバンドでは+1σを下回っており、中心値(25日)とのレンジに移行するかを見極めるところ。MACDはシグナルとの乖離が拡大傾向にあるため、陰転シグナルが確実になってきている。パラボリックのSAR値は19580円辺りに位置しているが、これを試しに行く可能性がありそうだ。新値足は3本足が陰転している。ただし、狭いレンジでの陽線を割り込んでいるため、これをダマシとするには、それ程ハードルは高くない。一目均衡表では支持線として意識される転換線での攻防。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均