市場ニュース

戻る
2015年11月30日13時13分

【材料】大東建が5日ぶり反発、大和証券は「2」へ引き上げ 完成工事総利益率が底打ち反転

大東建 【日足】
多機能チャートへ
大東建 【日中足】

 大東建託<1878>が5日ぶりに反発。大和証券は27日、同社株のレーティングを「3(中立)」から「2(アウトパフォーム)」に引き上げた。目標株価は1万3400円から1万5700円に見直した。
 第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益は前期比12%増の590億円で着地した。特に7~9月期の完成工事総利益率が30.0%(前年同期比0.1%上昇)とわずかながら改善。これは「実に18四半期ぶりの改善」と指摘。労務費上昇が緩和し、建設費を値上げした効果が寄与し始めたとみている。
 同証券は完成工事総利益率が16年3月期、17年3月期と改善に向かうと予想。16年3月期の連結営業利益は会社予想930億円に対し前期比14%増の1040億円、17年3月期は1120億円への連続増益を見込んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均