市場ニュース

戻る
2015年11月30日12時05分

【材料】マツダが反発、欧州証券は「ニッチブランドとしてのポジションが確率されつつある」と解説

マツダ 【日足】
多機能チャートへ
マツダ 【日中足】

 マツダ<7261>が4営業日ぶりに反発。朝方から堅調展開となり現在はきょうの高値圏で推移している。
 UBS証券は、「ディーゼル車やデザインでの商品差別化と、数量より利益率を重視する販売戦略で、ニッチブランドとしてのポジションが確率されつつある」と解説したリポートをリリース。中長期の構造変化が期待できる数少ない銘柄の一つと評価して、投資判断を「ニュートラル」から「バイ」へ格上げし、目標株価は2100円から2900円へ引き上げられた。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均