市場ニュース

戻る
2015年11月30日10時04分

【材料】メックが大幅反発、「高密度な基板を製造できる薬剤を開発」

メック 【日足】
多機能チャートへ
メック 【日中足】

 メック <4971> が大幅反発。日経産業新聞が30日付で「電子基板製造用薬品大手のメックは、従来よりも配線が細く高密度な基板を製造できる銅表面処理用の薬剤を開発した」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「スマートフォン(スマホ)のマザーボードへの活用を見込んでおり、従来に比べて配線を25%細くできる」という。スマホの小型化につながるとしており、実用化による収益への寄与に期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均