市場ニュース

戻る
2015年11月30日10時00分

【材料】<前場の注目銘柄>=住江織物、株価は下値切り上げ堅持

住江織 【日足】
多機能チャートへ
住江織 【日中足】

 住江織物<3501>の6~8月期の連結決算は、売上高225億4300万円(前年同期比13.5%増)、営業利益4億3800万円(同72.9%増)となった。

 北中米、アジアを中心に海外の自動車内装材の好調が寄与。今後はこれに加え、国内のオフィスビルや商業施設、ホテル向けの業務用カーペットの拡大が予想され、16年5月期通期の連結営業利益を38億円(前期比19.2%増)と見込む。

 新中期3カ年計画では最終年度の18年5月期の業績目標を売上高1070億円、営業利益50億円と設定。東京五輪を控え、ホテルや鉄道車両などの改装需要の伸びが期待される。株価は8月下旬以降、下値切り上げトレンドを堅持。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均