市場ニュース

戻る
2015年11月30日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は先週末比73円安、三菱UFJなどメガバンクさえない


10時時点の日経平均は先週末比73.47円安の19810.47円で推移している。米国株式市場は短縮立会いなどが影響し方向感が乏しかったことで、東京市場は小動きで取引を開始。寄付き後は19800円台を割り込む場面が見られたものの、売り圧力は限定的で売り一巡後は19800円レベルで下げ渋っている。一方、TOPIXは相対的に弱く25日移動平均線を意識した格好に。

規模別株価指数では小型株がプラス圏で推移している。業種別では鉱業、保険、海運、卸売、鉄鋼などが弱い一方、電気機器、ガラス・土石、輸送用機器、機械などがしっかり。売買代金上位銘柄では、三菱UFJ<8306>、ソニー<6758>、伊藤忠<8001>、武田薬<4502>、NTTドコモ<9437>、三井物産<8031>がさえない。一方、トヨタ自<7203>、東芝<6502>、キーエンス<6861>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均