市場ニュース

戻る
2015年11月30日09時18分

【市況】日経平均は26円安でスタート、利食い優勢の展開から下げ幅は一時100円超に/寄り付き概況


日経平均 : 19857.38 (-26.56)
TOPIX  : 1593.00 (-1.45)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に続落で始まった。先週末の米国市場が高安まちまちだったほか、朝の外資系証券のフローが売り越しとなる中、やや利食い優勢の展開から始まっている。セクターでは機械、輸送用機器、電気機器、ガラス土石、電力ガスが小じっかり。一方で、海運、証券、空運、保険、サービス、鉄鋼、鉱業、非鉄金属などが小安く始まっている。寄り付きから下げ幅を拡大し、下げ幅は一時100円超に。

 売買代金上位では、トヨタ<7203>、東芝<6502>、日立<6501>、マツダ<7261>、キーエンス<6861>、富士重<7270>が上昇。半面、ソニー<6758>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、伊藤忠<8001>、NTTドコモ<9437>などが冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均