市場ニュース

戻る
2015年11月27日18時40分

【テク】日経平均テクニカル:反落、2万円が心理的な上値抵抗に


27日の日経平均は反落。小幅ながら戻り高値を更新しているが、節目の2万円が心理的な抵抗となっており、あと一歩届かなかった。ただ、下値の堅さは意識されており、5日線レベルでの踏ん張りがみられている。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジを継続している。MACDはシグナルとの乖離がやや開いてきており、陰転シグナルが確実となりつつある。一目均衡表では雲を上放れ強いトレンドが継続。一方で、週足形状では雲を上放れているが、遅行スパンは実線に上値を抑えられており、下方シグナルが継続している。20000-20800円のもち合いレンジが10週程度続くこともあり、引き続き2万円が心理的な上値抵抗として意識されやすい。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均