市場ニュース

戻る
2015年11月27日10時49分

【経済】(中国)上海総合は小幅安でスタート、当局が不正取引の調査を強化


27日の上海総合指数は小幅安でスタート。前日比0.52%安の3616.54ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時43分現在、0.59%安の3614.27ptで推移している。証券当局が株式などの不正取引の調査を強化していることが警戒材料。また、ロシア機の撃墜をめぐり、ロシアがトルコに対する経済制裁を検討していることや、ロシア軍がトルコの救援車車列を空爆したとの報道も懸念されている。一方、来月に中央経済工作会議が開催されるため、政策への期待が引き続き高い。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均