市場ニュース

戻る
2015年11月26日19時11分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】大村愛知県知事:海外の優秀な産業人材の受け入れのあり方に一石を投じてまいりたい


大村愛知県知事は「なお、本日の区域会議では、今後検討すべき規制改革事項として、一昨日発表したとおり、私から、「外国人雇用特区」に関する提案を説明しました。国際的な産業競争力の強化に向け、我が国における海外の優秀な産業人材の受け入れのあり方に一石を投じてまいりたいと考えています。」とツイート(11/26)。

海外の優秀な人材を日本に招き入れる試みは以前から行われているが、待遇面が問題になることが多い。外国人の本国と同程度の待遇では優秀な人材はまず来ない。また、賃金で国内労働者を大幅に上回った場合、税金を使って外国人を優遇しているとの批判が必ず出てくる。優秀な外国人を多く受け入れることを本気で考えるならば、国内労働者
の待遇改善が先決となる。そうすれば、有能な人材が外国に出て行くケースは少なくなるはず。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均