市場ニュース

戻る
2015年11月26日14時02分

【市況】14時時点の日経平均は前日比118円高、そーせいの急騰が影響しマザーズ指数強い


14時時点の日経平均は前日比118.44円高の19966.02円で推移している。ここまでの高値は10時29分の19992.44円、安値は9時00分の19926.10円。狭いレンジでの推移が続いており20000円手前で膠着感が強まっている。マザーズ指数は前日比2.6%高と強いが、そーせい<4565>の上げが影響している。

マザーズ市場の売買代金上位銘柄では、サイバーダイン<7779>、ロゼッタ<6182>、ミクシィ<2121>、ブランジスタ<6176>、ユナイテッド<2497>が大幅高となっている一方、ジグソー<3914>、あんしん保証<7183>、オンコリス<4588>、グノシー<6047>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均