市場ニュース

戻る
2015年11月26日12時23分

【材料】◎26日前場の主要ヘッドライン

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】

・サックスバーHDが大幅高、いちよし経研は「A」に引き上げ
・ワイヤレスGが大幅高、独自のWi-Fiサービスによる成長期待は変わらず
・倉元がストップ高と急騰、有機EL関連株として再評価
・ミネベアが値下がり率トップ、iPhoneに有機EL採用で需要減を警戒
・ケミプロ化成が値幅制限上限で張り付く、昨年の有機EL大相場がフラッシュバック
・オークマが5連騰、1~3月期受注回復で東海東京は「アウトパフォーム」継続
・黒田電など村上関連株は売り一巡後値を戻す、株価の割高感は乏しいと
・青山財が大幅反発、財産コンサルティング堅調で15年12月期売上高予想を上方修正
・メタップスが急伸、トーチライトの持ち分法適用関連会社化を好感
・テラが3連騰、膵臓がんを対象とした樹状細胞ワクチン療法の臨床研究結果が学術誌に掲載

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均