市場ニュース

戻る
2015年11月26日09時56分

【材料】青山財が大幅反発、財産コンサルティング堅調で15年12月期売上高予想を上方修正

青山財産 【日足】
多機能チャートへ
青山財産 【日中足】

 青山財産ネットワークス<8929>が大幅反発している。25日の取引終了後、15年12月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の98億5000万円から130億円(前期比39.7%増)へ上方修正したことが好感されている。
 財産コンサルティングが堅調に推移したことに加えて、不動産取引でも不動産共同所有システム「ADVANTAGE CLUB」を組成したことなどが寄与したという。ただ、販売用不動産の仕入れ価格の上昇や、積極的な人材採用による人件費の増加などを考慮し、営業利益は4億6000万円(同3.4%増)、純利益は4億円(同10.5%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均