市場ニュース

戻る
2015年11月26日08時20分

【経済】香港の商業登記が急減、本土旅行者の香港離れは響く


香港の商業登記が急速に減少している。統計によると、10月に店舗登記件数(事業を行う各店舗の登記が必要)は84件にとどまり、前月比で61%減少したほか、過去第二となる低い水準を記録。登記金額は約13億5300万香港ドル(約203億円)となり、前月比で49%減少した。

業界関係者は、急速減少の背景について、香港を訪れる本土旅行者の減少が目立っていることが主因だと分析。また、本土客のショッピングパターンが高価な宝飾品から日用品に変わっていることも一因だと指摘した。小売利益率の縮小に伴い、オーナー側も値を高く設定することができなくなっているとの見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均