市場ニュース

戻る
2015年11月25日17時03分

【市況】25日の中国本土市場概況:上海総合指数は上昇、ITハイテク関連株などがしっかりとした動き


25日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比31.82ポイント(0.88%)高の3647.93ポイントと続伸した。上海A株指数は33.17ポイント(0.88%)高の3820.13ポイント。外貨建てB株相場も上昇する。上海B株指数が7.30ポイント(1.94%)高の384.76ポイント、深センB株指数が1.63ポイント(0.13%)高の1213.38ポイントで引けた。

朝安の後に上昇する流れ。指数は今月に入り3600ポイント前半が上値抵抗線として意識されているため、いったん利益を確定する売りが先行したものの、中盤からプラスに転じた。景気テコ入れを図る各種産業支援策が計画されていることが引き続き支え。ベンチャー企業で構成される深セン創業板指数は2.89%高と大幅続伸した(昨日は1.64%上昇)。中小型株を好む個人投資家のマインドを上向かせている。

業種別では、ITハイテク関連株の上げが目立つ。金融機関向けセキュリティーソフトの深セン市金証科技(600446/SH)などが値幅制限いっぱいまで上昇した。バイオ医薬関連株や消費関連株、素材関連株、不動産株、自動車株、金融株などもしっかり。原油や金など商品の市況高を材料に、石油株や産金株も買われた
【亜州IR】

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均