市場ニュース

戻る
2015年11月25日16時01分

【特集】アジュバン Research Memo(2):高成長路線回帰に向けた取り組みは順調


■業績の推移

(1)これまでの経緯

アジュバンコスメジャパン<4929>は3ヶ年中期経営計画を作成し、2015年3月期は非正規流通の横行による機会損失と新規にスタートしたヘアカラー剤の計画未達で、計画対比で前期対比でも減収減益での着地となった。これを受けた2016年3月期~2018年3月期の新中期経営計画では、業績計画の水準が引き下げられた。

同社がこのような下方修正に踏み切った背景には、非正規流通の問題が経営に与える影響が非常に大きいものであったという事情がある。また、ヘアカラー剤についても、商慣習や契約などの問題が理由のため、サロン導入に時間がかかることを受容せざるを得なかったものと思われる。しかしながら、再スタート初年度に当たる2016年3月期第2四半期決算では、総体的に見て、高成長路線回帰への取り組みは順調に進みつつあるようだ。特に、最大のポイントである非正規流通の問題については解決のめどがついたと判断できることは、今後の同社への投資を考えるうえでは、極めて重要なポイントだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均