市場ニュース

戻る
2015年11月24日23時37分

【市況】【市場反応】米9月S&Pケース・シラー住宅価格指数、予想上振れドル安値圏でもみ合い


 外為市場でドルは予想を上振れた米国の住宅関連指標を受けて安値圏でのもみ合いを続けた。ドル・円は122円45-50銭、ユーロ・ドルは1.0650-55ドルでそれぞれ推移。米10年債利回りは2.204%まで低下後は、2.23%まで戻している。

米国の9月S&Pケース・シラー住宅価格指数は前年比+5.45%と、市場予想の+5.15%を上回り昨年8月以来で最大の伸びを記録した。

【経済指標】
・米・9月S&Pケース・シラー住宅価格指数:前年比+5.45%(予想:+5.15%、8月:+5.13%←+5.09%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均