市場ニュース

戻る
2015年11月24日17時02分

【市況】17時時点の日経平均先物は日中終値比10円安の19950円で推移


17時時点の日経平均先物は日中終値比10円安の19950円で推移。寄付き後、19990円をつけるなど20000円台回復が意識される展開となっている。為替市場では、ドル・円は122円60銭台、ユーロ・円は130円40銭台と、引け後との比較ではドルが若干の円高水準で推移。なお、上海総合指数は0.2%高と引け間際にプラス圏を回復し取引を終えた。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均