市場ニュース

戻る
2015年11月24日10時37分

【材料】曙ブレーキ、業績悪化でSMBC日興証券が目標株価を440円から300円に引き下げ

ブレーキ 【日足】
多機能チャートへ
ブレーキ 【日中足】

 曙ブレーキ<7238>が軟調に推移、不適切会計疑いで急落してから株価が回復できない。株価チャートは11月4日~5日に急落したチャートのマドを埋めきれずに下放れるパターンになっている。
 市場では、SMBC日興証券が曙ブレーキに対してネガティブな内容のリポートを発行していることが注目された。同証券では「業績悪化、相対パフォーマンス低下を予想し投資評価『3』へ」というタイトルでレーティングを格下げ、目標株価を引き下げている。
 リポートではレーティングを「2」から「3」へ引き下げ、目標株価を440円から300円に引き下げている。アナリストは、同社が国内補修用パーツ売上高を2億1000万円過大計上していたことや、他にも同様の会計処理がないか現在調査中であり決算発表が延期されていることなどを取り上げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均